どんなとこ?

どんなとこ? · 2018/03/14
写真①:勇王丸(2018年3月6日清水港初入港) 写真②:川﨑誠司 川崎近海汽船㈱常務取締役(中央)、若松清 勇王丸船長(右から3人目)、安達行彦 清水港管理局長(右から2人目)、関係者一同

どんなとこ? · 2018/03/05
富士宮市立上出小学校のお友達が、清水港を見学しました。雨が降る中の見学でしたが、熱心に清水港のお仕事や輸出入について勉強しました。 企画整備課 参考)清水港を見学したい学校は、こちらをご覧ください。

どんなとこ? · 2018/03/01
マリンビル前の日の出物揚場に虹が綺麗な弧を描きました。 雨上がりの水面と澄んだ空の中から富士山が顔を出しています。(撮影日:平成30年3月1日)

どんなとこ? · 2018/02/28
コンテナ船の大型化や荷役効率の向上を目指して、新たなコンテナクレーンを導入する予定です。 詳細は清水港管理局ホームページをご覧ください。

どんなとこ? · 2018/02/15
1月の海上コンテナ取扱個数は、41,074TEU。同月比101.4%で順調な滑り出しです。 統計情報は、清水港管理局ホームページ内「港湾統計」をご覧ください。
どんなとこ? · 2018/02/10
1月から新規航路KTX7(OOCL)が、清水(日本)とハイフォン(ベトナム)を結んでいます。今日は、清水港関係者がOLIVIAを訪問し航路開設を共に祝いました。写真は、(1枚目)投入船OLIVIA、(2枚目)デッキで船長を囲み関係者(OOCL日本代表 藤江社長、池田静岡市参与、ヴィタリ船長、有本静岡県理事、安達清水港管理局長、荒井清水港利用促進協会常務理事)、(3枚目)OOCL日本代表 藤江社長、ヴィタリ船長、安達清水港管理局長 (参考)清水港利用をお考えの荷主企業さま向けインセンティブなどは、清水港管理局ウェブサイトをご覧ください。 (関連記事)ブログ「過去最多の29航路へ」もご覧ください。

どんなとこ? · 2018/01/19
清水港の平成29年(2017年)コンテナ取扱個数(速報値)は、54万1540TEUで昭和44年以来過去3位の取扱量となりました。

どんなとこ? · 2018/01/17
新興津コンテナふ頭へ新しく搬入するトランステナーが日の出岸壁に到着!

どんなとこ? · 2018/01/12
中国浙江省から研修員3人が清水港を視察しました。3人は、静岡県内で昨年9月から約半年の研修で静岡県に来ています。中国は、輸出額第2位、輸入額第1位という、清水港にとって大切な貿易国です。静岡県と浙江省、日本と中国の懸け橋となり、それぞれの分野で活躍してください。...

どんなとこ? · 2018/01/10
マリンビル前の日の出物揚場に白鳥のカップル(撮影:平成29年12月24日)

さらに表示する