地球深部探査船「ちきゅう」


12月23日・24日、日の出埠頭に寄港します

※船内の一般公開は、好評につき定員に達したため受付を終了いたしました※


地球深部探査船「ちきゅう」についての詳細は JAMSTEC(独立行政法人海洋研究開発機構) でご覧頂けます。

「ちきゅう」の母港、清水港

清水港に接岸する「ちきゅう」1
清水港に接岸する「ちきゅう」2

「ちきゅう」の概要

 (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)が所有する世界最高の掘削能力(海底下7000m)を持つ地球深部探査船。今まで人類が到達できなかったマントルや巨大地震発生帯の掘削が可能になりました。

ミッション

巨大地震の謎を解く

「ちきゅう」は科学史上初めて巨大地震の震源まで掘り込み、そこを直接観察して地震発生メカニズムを解明します。

★生命の起源に迫る

高温、高圧、無酸素の原始地球で最初の命は誕生し、現在の地球でも、地下奥深くには原始地球に類似した環境が残っています。「ちきゅう」は地下生命を探索し、生命誕生の謎に迫ります。

掘り出した地層から過去を探る

「ちきゅう」は地球の歴史が記録された地層を掘り出し、地球の環境の変化を詳しく調べ、未来を予測する手がかりとします。

大地を動かすマントルまで掘る

「ちきゅう」は世界で初めて、海底下から7,500mを掘ってマントルへ到達します。大陸の移動、火山活動などの原動力はマントルの対流です。地球の中で起こっていることが地上にどう影響するかを調べます。

竣工

平成17年7月

全長

210m

38m

高さ

130m

喫水

9.2m

国際総トン数

56,752トン

定員

200名


清水港への寄港実績

寄港日

岸壁

備考

平成17年9月22日~24日

興津11/12号

 

平成21年3月25日~26日

興津11/12号

 

平成21年4月15日

興津1号

 

平成21年4月28日~5月1日

興津11/12号

 

平成21年12月17日~

平成22年3月13日

興津11/12号

3月6、7日、日の出4号岸壁で一般公開

平成22年6月20日~7月14日

興津11/12号

 

平成22年8月20日~9月5日

興津11/12号

 

平成22年11月27日

興津11/12号

 

平成23年1月13日~2月5日

興津11/12号

 

平成23年2月24日~3月4日

興津11/12号

 

平成24年1月22日~2月12日

興津11/12号

 

平成24年3月26日~4月1日

興津11/12号

 

平成24年9月26日~10月4日

興津11/12号

 

平成25年1月12日~1月27日

興津11/12号

 

平成25年4月 1日~4月9日

興津11/12号

 

平成25年7月24日~8月1日

興津11/12号

 

平成25年8月14日~8月31日

興津11/12号

H25.8.23(金) 船内見学会

平成25年9月6日~9月13日

興津11/12号

 

平成26年2月4日~3月1日

興津11/12号

H26.2.23(日) 船内見学会

清水港「ちきゅう」関連イベントの実績

時期

内容

主催

備考

H25.1.10(木)

~30(水)

フェルケール博物館企画展「清水港と地球深部探査船『ちきゅう』」

清水港客船誘致委員会

来場者:891人

H25.8.23(金)

「ちきゅう」船内見学会

清水港客船誘致委員会

県内中学生:

37人参加

H25.12.14(土)

~H26.2.16(日)

フェルケール博物館企画展

(一財)清水港湾博物館

 

H26.2.23(日)

「ちきゅう」船内見学会

清水港客船誘致委員会

県内中高生:

54人参加

「ちきゅう」に乗船する見学者
「ちきゅう」に乗船する見学者
船内の見学
船内の見学
JAMSTEC職員による説明の様子
JAMSTEC職員による説明の様子
ヘリポートから「やぐら」を見上げる
ヘリポートから「やぐら」を見上げる