港の“きれい”を守る団体に感謝状を授与!

 令和4年7月15日(金)、7月の海の日に合わせ、清水港の海上・陸上を清掃し、SDGs14番目の目標「海の豊かさを守ろう」にも貢献している公益社団法人清水清港会の皆様に感謝状を贈る贈呈式を行いました。感謝状は、清水港管理局長が「海の日清水港実行員会」(清水港管理局など12団体で組織)を代表して、授与しました。

 清掃活動を行っている職員さんからは、「港や海がきれいになって、みんなが気持ちよくなってくれることがに喜びを感じる」とおっしゃっていました。また、「清水港を訪れるときはごみを持ち帰ってね」「山や街で捨てられたごみも風や川によって海に流れてきてしまうから、海に限らずどこであってもごみは捨てないでね」とメッセージをいただきました。

 持続可能な海を守るため、海のごみを減らしていきましょう!

清水港管理局 

関連記事